輪島所在地&交通方法
常見問題集
お祭
輪島朝市
漆蠟燭
藝妓Haaaan!!!


  [河井町的祭典]

一般來說都是由各個街(町)出自街的燈 轎的,但是由於年輕人越來越少,所以不是住在河井町的他 們花自己的錢來維持這個祭典傳統。
從當天下午1點開始組裝燈轎,設置休息會場,下午2點半 祭祀,7點出陣,9點繞街,12點回歸,隔天收拾。
 
   
 
其中還有一些小孩,雖然還是小孩,但是大家很努力的跟著燈轎遊街,走到晚上11點半。

而且還一起唱著他們打鼓或行走時得口號,好有趣。
 
不過,這也表示著住在輪島的人,大家都喜愛這個祭典,這個文化必定會去繼續傳承下去的。
 
輪島大祭是在每年的8月22日~25日,每晚分別輪流在輪島市内海士町、河井町、鳳至町、輪島崎町舉辦燈籠轎大祭。

燈籠轎(KIRIKO)據說是當神明出遊時用來照亮神明腳邊的路徑,所以巿民們會一年一次在祭典夜晚扛起燈籠轎,吹著橫笛又擊打太鼓遊街帶領當地廟宇的神明出遊。
 
河井町ー重藏神社的神轎!是由犯太歲的39歲男性來扛的!
聽說有好幾百公斤!
看大家抬的好累的樣子!



「沖波大漁まつり」
海の安全と大漁を祈って続けられている祭で、2日間続く 。

這是一個祈求航海安全和祈求漁獲豐收的祭典儀式,持續兩天的久的祭典。

14日は5本のキリコが鐘や太鼓にはやされて町中を練り歩きながら、恵比寿神社へ向かう。

14日有五台Kiriko會配合鑼鼓在街上出巡,終點為惠比壽神社。
15日には海中へキ リコをかつぎこみ、勇壮に暴れ回る。

15日會抬著Kiriko入海中,勇士們奮勇的抬著激烈的巡遊。
 


wajima-nuri show
輪島市指定無形民俗文化財〜「三夜踊り」


Chinese>>
也就是輪島的「盆踊り(BON-DANCE)」,在古早 是一種懷念祖先的祭祀舞,現在則每年在盂蘭盆(8月14 〜16日)期間中,連續三夜被舉辦在輪島市前的廣場上。 以前是男扮女,女扮男,不分貧富老少連跳三夜,在其中一 天也有舉辦比賽徵選最佳隊伍。今年(2011)老天不作美只有一天能 舉行,但碰巧是徵選的那一天,大家都使出渾身勁舞了一舞 喔!
朱澤の双子姉妹もゆかたで参加!浴衣は日本語教室の皆さんと一緒に伊藤先生に着付けを教えて頂きながら、各自で着付けました。
三夜踊りにも挑戦!
Japanese>>

毎年、盂蘭盆(8月14〜16日)に市役所前三角州で踊 られる。いわゆる盆踊りであるが、その起源は古く、千百 余年前から重蔵権現の本尊の地蔵祭りに由来⋯⋯する。神 仏のご加護を讃える老若男女が貧富の差なく境内で踊り明 かした。明治初期頃に一度すたれだしたが大正の終わりこ ろから再び盛んになった。昔は、男性が女装し女性が男装 して踊り、'粋'を競ったが、近年復活した。
子供が喜ぶ出店もいっぱい

有很多小孩喜愛的遊戲攤位
誰でも参加自由なので、事前に踊りをマスターした外国の方も上手に踊ってますよ〜

任何人都可以參加,只要稍稍學習一下這個祭典舞,就算是外國人一樣也可以跳得很過癮~
三線を弾きながら、音頭を歌ってくれてるのは夫婦コンビの方です、すばらしい歌い声をテンポで、祭りを盛り上げてくれました!

在看台上彈著三味唱著祭典歌謠的夫妻也是在這個祭典上相遇結緣的,把整個氣氛帶動的很活躍!
這個三夜舞踊,顧名思義就是要跳三天三夜!

以前的人們會特別前來參加,尋找適合自己的另一半喔!
 

外国人の観点(目線)から輪島(能登)の観光、文化、資源、輪島塗などを世界へ発信します。
Aka-Sawa © 2010